福島原子炉、安定に6~9カ月・・(新聞記事より)

 きゅぽらんです。

新聞記事で気になったところがありましたので、転記いたしますのでご覧ください。

読売新聞記事より

原発安定へ6~9か月2段階で冷却停止…工程表

 東京電力の勝俣恒久会長は17日、福島第一原子力発電所の事故収束に向けた工程表を初めて発表した。

 原子炉の本格的な冷却システムを復旧させ、放射性物質の放出を大幅に低減して安定した状態を取り戻すまでの期間を6~9か月と設定した。発表を受けて海江田経済産業相は同日、周辺住民の避難生活の長期化は避けられないとの見通しを示した。

 工程表では、放射線量を着実に減らす「ステップ1」と、放射線量をさらに大幅に抑える「ステップ2」の2期に分けた。「1」は今から約3か月後、「2」は6~9か月後の完了を目指す。当面は、発生した水素が激しく反応する「水素爆発」を避けることと、放射性物質を高濃度に含んだ汚染水を敷地外に出さないことに重点的に取り組む。

(2011年4月18日01時20分 読売新聞)

東京新聞記事より

福島原子炉、安定に6~9カ月 住民帰宅、来年の恐れも

(東京新聞 2011年4月17日 22時19分)

東京電力は17日、福島第1原発事故の収束に向けた工程表を発表し、1~3号機の原子炉を安定状態に持ち込むには、6~9カ月程度かかるとの見通しを示した。これを受け海江田万里経済産業相は記者会見で、原発が安定状態になった後に、計画的避難区域などを見直すと説明したが、既に避難している原発の半径20キロ圏の変更のめどには言及しなかった。避難した住民が自宅に戻ることができるのは来年になる恐れが出てきた。

 東電の勝俣恒久会長は記者会見で、事態の深刻化を受け清水正孝社長とともに今後、引責辞任する考えを示した。

 工程表によると、核燃料の冷却、放射性物質の放出抑制、モニタリングの3分野で計約60の対策を実施する。だが放射線量が高い場所での作業などリスクも多いとしており、実現可能性や実効性、スケジュール通りに進むかは不透明だ。

 工程表は、3カ月程度で「放射線量の着実な減少傾向」、6~9カ月程度で「放射性物質の放出管理と、線量の大幅な抑制」を目指すとし、中期的な課題も掲げた。

 1、3号機は3カ月後までに、原子炉圧力容器を覆う格納容器に水を注入し、燃料の上部まで水を満たして冷却する。注入に伴い漏れ出る水は圧力容器に戻す。

 2号機は、格納容器の損傷箇所に粘着質のセメントを詰めるなどして密閉し、1、3号機と同様の方法で冷却する。

 こうした対策で、6~9カ月後には、1~3号機の原子炉内部が100度未満の「冷温停止」になることを目指す。

 使用済み燃料プールは、6~9カ月で、プールの水位が維持され、より安定的に冷却される状態にする。4号機はプール付近の壁が大きく壊れており、余震に備えコンクリートなどを底に当てて補強する。

 大きく壊れた1、3、4号機の原子炉建屋から放射性物質放出を防ぐため、換気装置やフィルター付きのカバーで6~9カ月後までに建屋を覆う。中期的には、外側にコンクリートの壁と屋根をつくり建屋全体を覆う。

 中期的には1~6号機すべての燃料を取り出し、汚染土壌の洗浄や入れ替えもする方針だが、時期は示せなかった。

 勝俣会長は記者会見で「原子炉と使用済み燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出抑制に全力で取り組む。収束はかなり成功するのではないか」と述べた。対策費用は不明という。

 当面の課題として、1~3号機の水素爆発防止と、2号機の高濃度の汚染水を敷地外に放出しないことに取り組む。東電は水素爆発防止のため、1号機に続き、2、3号機でも窒素注入を4月中に始めたい考えだ。

 社内の事故調査委員会設置に向け、外部の有識者らを含む準備委員会をつくることも公表した。

(共同)

読売新聞記事より

帰宅可否、原発収束後に判断…経産相

福島原発事故の収束に向けた道筋について記者会見する海江田経産相=立石紀和撮影

 海江田経済産業相は17日の記者会見で、避難住民の帰宅時期について、「6~9か月後を目標に一部地域で帰宅が可能か否か知らせたい」と述べ、事故の収束のめどをつける6~9か月後に判断したいとの考えを示した。

 「(判断して)帰れないケースもある」と述べ、地域によっては避難生活がさらに長期化する恐れもあるとの認識も示した。東京電力が福島第一原発の事故収束に向けた道筋を示したことを受け、臨時記者会見を行った。

 海江田経産相は「政府として仮設住宅や借り上げ住宅を早く大量に確保したい」と述べた。

 数兆円から十数兆円に達するとされる東電の賠償策の枠組みについては、「検討は始まっている。(今年度)2次補正予算が大きな影響を与えると思う」と述べ、検討を急ぐ考えを示した。

2011年4月18日01時20分  読売新聞)

2 comments to 福島原子炉、安定に6~9カ月・・(新聞記事より)

  • きゅぽらん!

    きゅぽらんです。官房長官さんが・・・・・

    住民の帰宅「見通せず」=避難生活の長期化示唆-官房長官
     枝野幸男官房長官は18日午前の記者会見で、福島第1原発事故に関し、避難区域の住民の帰宅時期について「具体的に想定できる段階にない。見通しは立てられない」と慎重な見方を示した。また、「現状のまま(原発事故を)収束させることができれば、時期はともかく戻って復興してもらうことのできる地域は少なからずある」と語った。
     帰宅時期に関して、海江田万里経済産業相は17日、東電が収束の工程表でめどが付くとした6~9カ月後に判断する考えを表明した。これに対し、枝野長官は、収束の進展状況や地域によっては避難生活がさらに長引く可能性を示唆したものだ。(2011/04/18-13:14)

    ——————————————————————————–

  • きゅぽらん!

    きゅぽらんです。
    (市民の小さな声)が寄せられましたので、ご紹介いたします。

    ★原発避難者は、地元に帰るめどはたっていません。
    「原発避難者」という言葉がいつの間にか定着した感があります。地震+津波+原発=災害史上はじめての出来事です。
    心ならずも、地元を追われた避難者の心中は、他人には計り知れないものがあります。
    「地元を追われ、仕事を奪われ、勉学の道を閉ざされた人も出ています。まさに人生設計を一からやり直さなければならないのです。
    「家さがし」「職さがし」と、これからの長期避難生活を考えた時、支える側の市民としては
    「何を」「どこまで」・・・すべきなのか自問自答してしまう時があります。

    あるいは、立場を変えて考えた場合、見知らぬ土地で、期限の決められた避難所生活を送りながら、限られた情報の中で一からの生活設計を立てなければならないのです。
    「あれもしてもらいたい」「これもしてもらいたい」とお金は出来るだけ節約したい、考えるのは至極当然のことではないでしょうか。
    支える側の者として「今できることを、精一杯する」このことが何より避難者のためになることではないでしょうか。(市民の小さな声)

                               

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>