5/8 元気のでる「避難所:西スポ」だより

お疲れ様です。きゅぽらんです!
■新聞拾い読み(5/9読売新聞朝刊)
被災者 もう所持金なくなる 義援金 「早く」 市町村 受け付け進まず
東日本大震災からもうすぐ2か月。着の身着のままで難を逃れた被災者の中には所持金が底をつく人も出始めた。全国から集まった義援金の申請受け付けは始まっているが、まだ手元に届いていない人も多い。避難所で使う机から子供の学用品まで、救援物資では補えない様々な出費があり、被災者からは「このままでは、生活できない」との悲鳴も上がる。(関俊一)
ガソリン、学用品・・・・・かさむ出費
「避難所にいてもお金は出ていくばかり」。宮城県名取市の文化会館で避難生活を送るパート店員の荒井幸美さん(29)はそう顔を曇らせる。荒井さんは津波で壊滅的な被害を受けた同市もんがまえ閖上(ゆりあげ)で母(53)と中学1年の弟(13)、小学1年の長男(6)の4人で暮らしていた。自宅は津波で流され、家にいた弟は半月後遺体で見つかった。「ぎりぎりの生活をしていた」という荒井さんの当時の貯金はわずか5万円。避難所の救援物資は十分ではなく、近所のショッピングセンターでカップラーメンや下着を買った。弟の行方を捜すため、車で仙台市などの避難所を回り、途中からはガソリン代を節約するため自転車を購入。避難所生活の長期化でイショウケースやテーブルも買った。所持金はみるみる減った。新1年生の長男のランドセルは無償提供を受けたが、「もらい物ばかりでは惨め」と、筆箱だけは好きなポケモンのイラストが入ったものを買った。
気分を紛らわせようと携帯ゲーム機を買い与え、出費は10万円を超えた。~記事は続く~4月30日、約270人が避難所生活を送る宮城野体育館(仙台市宮城野区)で臨時に設置された義援金の申請窓口で、桜井さん(49)は、職員から「支給がいつになるか分かりません」と言われ、がくぜんとした。~。

★「義援金」がまだ配布されてない、とはどうしたことでしょうね。
仕事の優先順位がどこか間違ってないでしょうか。かって年金問題の時もそうでした。時間ばかりかかって成果が乏しい、民間的柔軟発想で大胆に実行しないと、スピーディな対応は望めません。かってない大震災ですから、普段から考えて行動する習慣がない人には、前例もマニュアルもない中での迅速な仕事を期待できないでしょう。人災と言われないためにも工夫や知恵をしぼってもらいたいものです。(市民の小さな声) 

5月8日の西スポの様子を報告いたします。

西スポ避難所では、退所に向けて、入居者の方々は、準備に追われております。

         記
(1)5/8時点、入所者6世帯 10人
(2)5/11退所予定、(2人)
(3)5/17退所予定、(2人)
(4)退所日未定者、(1人)
(5)提供を受けていた自転車(22インチ)1台は、退所した方が受け取りました。
(6)食事班は、5/18朝食を配膳することとなった。
(7)子ども班より大型遊具(ジャングルジム)は引き取り先が確認取れた。
 ※子ども向け本については、鷲巣さんが引引当先をさがすとなった、
(8)福田所長より、提供を受けた「物品」はボランティア側で引当先を決めてください、その上で「残った物品」は地下の倉庫で保管します、と言われた。
                          以上です。

      

Leave a Reply

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>