設立趣旨

趣旨
 日本列島は活発な地震活動期に入ったといわれる。特に阪神淡路大震災を教訓に、自然災害時における救援・救済活動の組織的対応は各分野においてめざましい発展をしてきた。さらに近年では、いつ起きてもおかしくない首都圏直下型地震の大地震対策として、早期地震情報の提供・減災の立場からの都市災害のさまざまな被害軽減対策等が一層重視されるようになってきた。
 しかしながら、不幸にして大きな災害が発生した場合、当該被災地では行政機関をはじめ公的機関も被害を受けることになり、発災直後から数日間は組織的救援活動を受ける事は事実上できない事態が想定される。そうなると、どうしても地元の住民・市民の手による救済・救援活動が有力な手段とならざるを得ない。被災者を救う活動、全国からの救援・支援物資を必要とする被災者へ届ける活動や各地から救援に駆けつけてくるであろうボランティアの受入れや配置など、さまざまな救援活動を効果的に行うためにも普段から知識や経験を積み地震災害や水害時など「いざ」の時に役立つ住民・市民であることが望まれます。
 そこで、われわれ市民有志は「川口市民防災ボランティアネットワーク」を設立し、防災士・一級建築士・ジャーナリスト・視覚障害者・主婦・市民ボランティアなど意欲ある多彩な人材を募り非営利団体として、平常時から市民・企業・ボランティア団体・行政などと協力し合いネットワークづくりを進め、防災に強い街づくりを目指して災害救援事業を行い、また、活動の目標には、次世代の人材を育てる教育の推進、耐震・耐火などの面から地域の安全や安心を守り、このほか防災に関わる幅広い助言・支援を通して健全なまちづくりや広く公益に寄与するものとする。